*いつまでも夢の住人*

siasia.exblog.jp
夢とうつつを行ったり来たり。折に触れ思うことを、気ままに書きつづったブログです。
by siasia_bis
プロフィールを見る
画像一覧
Top
エベレスト登頂→ディスカバリーチャンネル
2007年 08月 19日 |

 うちのテレビはもっぱらスカパー!が主流です。
 だって時代劇チャンネルがあるから!
 でも、そればかりみてるわけじゃ、ありません。(笑)

 スカパー!のお気に入りのチャンネルの中に、ディスカバリーチャンネル、っていうのがあります。
 ドキュメント主体?
 知識と経験の宝庫というか。
 一度みだすと、ずっと見入ってしまう不思議なチャンネルです。
 私だけですか?そうですか(´;ω;`)

 この日は、私は特別チェックしていた訳じゃなかったんですが、家族が要チェックで観ていたエベレスト登頂をなんとなく観ました。


 内容は、なんとなくなモノじゃなかった。。。


 昔というか今もでしょうか。
 ニュースで、エベレスト登頂に成功!○○ルートから何回目!とか、最高齢いくつで!とか聞きます。
 上ったんだ、すごいなーって思うくらいで、そのドラマをしらなかったんですけど。
 丁度今日は、頂上へ上った直後からのものだったみたいで。
 そこには、下山することとの死闘が繰り広げられていました。

 そうだよねえ、、
 どんなに苦労して登って、感動しても、おりないといけない。
 高度8000とかになると、ヘリコプターでは登れず、飛行機が飛ぶ高度だそうで。
 自分で登って降りるしか、ほんとにそれしかないみたい。

 昔、あるRPGを攻略していたときに、最終に近いダンジョンをどんどん下ってボスのところへ向かうんですが、道中自体がものすごい過酷で。
 これ、ボス倒してまた戻らなくちゃいけないのかー、、って思うだけで、うんざりしていたのを思い出しました。
 今のゲームは、行きだけが大変で、おわったらワープとかできるけどw
 なぜかその当時は行きも帰りもたいへんで。。
 でもその方が、リアリティあったんだなーなんて。
 基準がゲームになるのが、自分でも笑っちゃうところですけどね(x。x)゜゜


 私は丁度この日しかまともに番組を観てなかったので、前後がよくわからなかったけど、どうやら、登頂に成功した際、登頂ルートに別の登山隊が壊滅していて(原因はしりませんが)、一人だけ生き残っていたようです。
 頂上付近でのことで、実際に登った隊員さんは、助けてあげたかったようで、、
 数キロ下のキャンプで待機して指示を出していた隊長と、かなりの時間もめていたようですが、隊長に「その場所では他者からの手助けは不可能に近い」ってことを諭されて、降りてきました。

 デッドゾーン。
 ほとんど平たい世界でしか生きてない私には、まったく無縁のエリアですが。
 きくと、一歩登るのにも15回呼吸してからじゃないと、脚が動かないとか、いうぐらい大変らしいです。
 こういった場所へ登山するには、かならずシェルパとよばれる現地のヘルパーの人を頼むらしいんですが、年中登ってる彼らでさえそうなんだとか。
 そんなところで倒れると、20人かけても一人をたすけられるかどうかで、一歩間違うと全員が死んでしまうくらい危険だそうです。

 まだいきがあって。
 見上げてるその人を置いてくること、その登山家の方にはとても辛いことだっただろうな。
 でも、指揮をとって、まず今動ける自分の隊の仲間を生還させることを使命にしてる隊長さんは、もっと大変だったろうなと思いました。
 彼自身は、そういうことはよくあることで、麻痺してるかもしれない、と言ってたけど。
 関係ない隊の人のことだったのに、下山後彼の家族に状況をおしえて(翌日別の隊が登ったときに、その人を確認したらしいんですが、亡くなっていたようです)、後日また登ったとき、遺体を登頂ルートからすこしずらすことを約束した、といってました。
 せめて、晒されている状態から、すこしでも隠してあげられるように。
 それすら大変な作業だろうなぁ。。想像もつきませんけど(x。x)゜゜

 しかし ということはー、、
 頂上付近って、結構死体の山!?
 そのへんで動けなくなったら、ほんとにだれも手助けできないらしいんですよ@@;
 降りてきた隊員さん達も、足や手を凍傷で病んで、かなり切断してしまったみたいでした。
 観ている範囲で被害はなかったけど、その隊でもシェルパさんが一人亡くなっていたみたい。

 もう二度と登るもんか、って、下山直後言ってるひと、2週間後にはまた登ってたりとか。
 そんなに魅力あるのかなぁ。。
 そういった極限を体験した人じゃないと、わからないコトなんでしょうけども。

 ちまたでは、その頂上で残された人を置いてきたことで、批判もあったようでした。
 批判した人たち、登ってその状況を体験してみたらいいんじゃないかな?と思った。
 きっとその場面を切り抜けないと、わからないんだろうなって。


 あ、一番大変なのは、カメラマンのひとかも('~')、、、、


 なんだか、おちのない記事になってしまった(x。x)゜゜
 そうそう、HPにCMの出てる、怪しい伝説って番組、無駄に面白いですwww
 スカパー!みれるひとは、是非チェックをw
[PR]
<< うーんでないな~。。 PageTop なっつ休みですねその② >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Apple Pie Skin by Sun&Moon