*いつまでも夢の住人*

siasia.exblog.jp
夢とうつつを行ったり来たり。折に触れ思うことを、気ままに書きつづったブログです。
by siasia_bis
プロフィールを見る
画像一覧
Top
カテゴリ:うちのペット( 24 )
|
|
2008年 01月 26日 |

 なんか、私犬や猫の毛抜け(毛の生え替わり)の時期って、四季にそって4回なのかと思ってたんですが、そうじゃないんですねえ、、ということに、ねこかって10年の今頃気づきました。

 なんというか、1シーズンの間に何度も生え替わっています;
 ちゃんと、生え替わりじゃない時期もあって、同じようにブラッシングしてあげてても、そいうときはほとんど抜けません。
 でも、生え替わる時期はー、、、
 あっというまにブラシが満タン!
 散々とかしてあげたあとでも、まだ体に抜けかけた毛が浮いてるみたいな、、
 潔癖性の人が、猫にガムテープあてて丸裸にした、ってのをみたことありますが、まー、、
 さすがにしませんけど、ちょっと理解できます;

 そのくらい、といてもといても、終わりなくぬけてくるんですよねえ。
 まるで脱皮みたいだわ、っておもいました。


 猫のくせに、私が部屋から出ると、もどるまで扉の前で待ってるような子なので、かわいくてしかたないんですけどね(u_u*)
 この抜け方はすごいなぁ。。
 落ち着くまでまた、しばらくせっせととかさなくちゃ、、(-.-)w
[PR]
2007年 04月 21日 |

 最初4匹だったらしいんですが(私は3匹だと思っていた)、今や1匹に。
 広い水槽で、グッピーの食欲も旺盛で?どうもえさが行き渡らなかったみたいな。

 さすがにここまで生き延びてきた彼なので、孤独に耐えられずってことはないだろうけど、ほんとにまた、飢えでどうにかなりそうで。。
 かわいそうなので、コリドラス用のえさを買ってきました。

 グッピーのえさは浮遊製で、もちろん沈むけど、水面にふわふわするようにつくたもの。
 一般的に、熱帯魚用のえさ、として、うすいフレーク状になったものです。
 ですが、地面や壁を這いつつえさを探すコリドラスは、こういうモノだと、片付ける魚が間にいる場合、全く回ってきません!
 だもので。。
 コリドラス用のえさを、お友達のお薦めで買ってみることにしました。
 こちらは、堅めにできていて、すぐ沈みます。

 さて、たべるかなー?と早速落としてみると。。
 まず、コリくんがなかなかえさまで到達しないw
 で、様子を見ながらはらはらしていたんですが。。。
 やっとえさの上にたどり着き、一口つついたとおもったら、もう「ぷぃっ」
 か、かじってないよ or2~
 その代わりと言っては何ですが、グッピーがかぎつけてきてつついてました。。
 コリ君、ちょっとはみならおうね(x。x)゜゜

 うーん。失敗だったのか、時間が必要なのか。。
 ビミョウにショック。
 これで彼は生き延びていけるんでしょうか(´;ω;`)
[PR]
2007年 01月 24日 |

 我が家にやってきて、専用水槽に収まってからずいぶん経ちました。
 最近は、落ち着いたのか、ヒーターの周囲でよくうろうろしていて。
 餌が欲しいときだけこちらへやってきます。
 みていると、まるで猫みたい(笑)
 病気になるでもなく、機嫌良く泳いでくれているのがなによりうれしいです。

 餌のやり方、初めて知ったんですが、アロワナなんかと同じ感じなんですねー。
 一粒ずつ見えるところに浮かせてやらないと、気づかないみたい。
 まだ、アロワナの方がましだったかなぁ。。
 複数おとしても、全部拾ってたし。
 この子はなぜか、それほど必死な様子がなくて。
 見失うとすぐあきらめちゃったりw
 しょうがないので、ホントに目の前に落として上げられるよう、つとめていたりします。

 ときどき、水槽のガラスに映っている自分に、怒っているのか、見とれているのか、じーっとうごかないまま、ひれを逆立てていたり。
 不思議だなぁ。
 真っ赤で、きれいなひれをひらひらさせながら、なんかこう、とぼとぼというか、もたもたというかw
 すいすい、ってかんじじゃない、不思議な泳ぎ方をしています。
 またそいうところも、魅力なのかな(笑)

 お店で見かける姿はいつも、狭いコップみたいな入れ物の中か、もっとひどいところはナイロン袋なんてこともあり、広々と泳ぐ姿を見たことがなかったので。
 そこに生きていた頃よりは、少しは幸せなのかなーなんて、勝手に思っていました。

 それにしても名前つけないといけないんだけど、なんてつけようかな。。。
[PR]
2007年 01月 02日 |

 去年末に、いつもの(?)叔母夫婦宅から、グッピーを数匹頂いてきました。
 水槽も砂も、濾過器もできるかぎりきれいにしてから。

 どうも、外国産グッピーというのは、一部疫病みたいなものをもってる子がいるようで、発症すると止める手段がないそうです。
 国産グッピーだとそいうことはない、ということで、さらに、叔母夫婦が育てて増やしてきた折り紙付きの子を頂くことにしました。

 私個人としては、どうもなっとくが行かないんですけどねー(x。x)゜゜
 お店では、みんな元気に泳いでいたのになぁ。。。。。

 ともあれ。
 色々悩んだあげく、もういちどグッピーを育てようということになり、6匹だったかな?もらってきたのですが。。
 今年に入って、すでにあかちゃんが生まれて(@_@)
 5,6匹はいるようなんですが、一匹まっしろけの子がまじっていました。

 アルビノ、とよばれる、色素のない突然変異っぽい子で、体もやや弱めとききます。
 大丈夫かな、と、みつけたときから、はらはらしつつ毎日みていたんですが、今のところ、すくすくと育っているようで、なんだかとてもうれしいです(*'-')

 そして今回は、沈んでしまったエサをグッピーが食べないために、水が汚れやすくなっていたので、シロコリドラス、という同じサイズぐらいの魚もいれることにしました。
 この子達は、お魚ショップさんでいただいてきた子です。
 ちょっぴり不安でしたが、様子をみてるかぎり、だいじょうぶっぽいかな。
 ときおり、急に水面に浮き上がっては、またそのまま直滑降で水底へへばりつく、という、ちょっと行動のかわったこですが。。
 元気でなにより(笑)

 いまのところ、どちらも元気にすごせていて、ほっとしています。

 そして。
 前回かわいそうなことをしたベタも。
 こんどはちゃんと、専用の水槽をつくって、育ててみようかなと。

c0043818_23575215.jpg


 まだこんなかんじw
 どんな子と出会えるか、たのしみです。
 おもな色は、白蒼紅、という感じで、白い子ほどお値段もぐんとはるわけですが。。
 個人的には、紅い子がすきかなぁ。。

 近いうちに、さがしにいってみよう、と思っています。(*'-')
[PR]
2006年 11月 14日 |

 先日アクアリウム展を観に行ってから、いろいろと手段を講じていたようなんですが。。
 藻を駆除しようとして薬品をいれたようで、それにあたった水草が、枯れ始めました。

 なんだか見た感じ、夏から秋に、、、、(^-^;)うはは;

 稚魚もいるし、薬はやめたほうがいいよって言ったんだけどなぁ(;ωq`)

 心配していた稚魚のほうは、まあ元気みたいです。
 もうかなりの数増えてるので、少々どれか死んじゃってもわかんないわけですが。。
 不思議なことに。
 一番最初に生まれた子(♂だったんですが)、一次ふらふら泳いでるように見えたけど、今は元気に過ごしています。(笑)

 こんなにたくさんいたら、最初の子なんてわかんないねって話していたけど、私にはちゃんとわかるぞう(^o^)

 同じ種類の魚なんだけど、微妙な違いがあるんだよね(@_@)


 ほぼ一月に1回くらいのぺーすで、ちいさなぐっぴーが増えていきます。
 ちびすけばっかりなので、なんだかまだぴんと来ないけど(笑)
 いつか水槽イッパイになるのかなぁ。。たのしみ♪


 でも、アクアリウム的水草の栽培と、同時にお魚を飼うことってほんとに難しいですね。
 エサをたくさんあげちゃうと、水が汚れやすくなって、よくないとかいうし(x。x)゜゜
 水草のために水を調節すると、魚が弱ってしまったりとか。

 (@_@)んー。
 
[PR]
2006年 09月 13日 |

 うまれたてのあかちゃんぐっぴーを守るための、べびーぼっくす?というのがあるんですが、それに二日ほど隔離してた♀ぐっぴー、一向に産む様子がなかったので、一度開放しました。

 なんかねー
 ずっと狭いそのいれものにはいってて、体の色がだんだんうすくなってきたみたいで@@;
 ストレスかな、っておもって。

 それから数日経っても、ちっとも子供を産む様子がなかったんですよね。


 あまりに心配になったので、ぐっぴーの生態を調べてみましたら、どうも、卵そのままでは産まないらしい。
 お腹の中で卵から孵って、肛門ちかいところであるていどの稚魚になったら、外に出すとかなんとかで。

 かわったおさかな。。。。
 食べられないための手段なのかな。



 それにしても、ちび太がいっぴきでうまれてきたのが、ほんとに不思議です。
 記述だと、初産でも10匹くらいはうまれるらしいのに。。
 広い水槽だし、産まれてすぐたべられちゃったともおもえないけど、どうしてなのかなぁ。




 などと考えつつ、また思い出したように、昨日ベビー水槽へ♀をいれてみたわけですが。。
 夕方仕事行く前。

 あんまりみてませんでした。。

 帰ってきてみると。



 米粒っぽい稚魚が、いっぱい@@!!!!!
 すっ                     ごーーーーーーーーーーーい(笑)


 確実に10以上います。
 少し大きくなったら、ベビー水槽とりはずすんだって。
 でも3匹ほどすでに、隙間から抜け出たらしいのが。。
 ベビー水槽の周りで、ひらひらおよいでました。
 たべられないといいけどなぁ;

 ちび太はちょっぴりお兄さん(お姉さん)?なので、違いがわかるけど、この子たちにはもう名付けるのは㍉www
 でもみんな、元気に育ってくれるといいなぁ。
 全部同じ色になるのかな?
 それとも、猫みたいに、いろんな色になるのかなぁ。
 とてもたのしみ(*'ω')


 ほんとうは、稚魚用の餌っていうのがあるんですが、、
 稚魚で居る期間ってほんとにみじかいので、うちではいつもの餌を、粉々に指でつぶして、やることにしました。
 ちび太も、それで大きくなってきてるし(笑) 大丈夫でしょう(..)

 増えすぎてくると、こんな光景ももう珍しくなくなるよなんて、いわれてるけど。
 今は、すっごいうれしいなぁ。。w
 とってもかわいいです。

 大きく、なあれ。
 本当に寒くなってしまう前に、強い子に、なってね(*'ω')
[PR]
2006年 09月 07日 |

 グッピーのあかちゃん。
 ありきたりに名前を付けました。「チビ太」です!

 ひねりがなくてすみませ、、(^-^;)


 最初に見つけたとき3㍉くらいだった(もっと大きかったかもしれませんが)で、目玉がとても大きな赤ちゃんだったのですが、ここ数日でみるみる大きくなりました。

 ほんとにちいさかったころは、水槽の底の方で、ひっそりとしていたし、降ってくる餌を必死に拾ってる感じだったんですが、最近は。
 自信がついたのかして、水面近いところもうろうろするようになりました。

 他の大人のグッピーがうろうろしていても、ちょっと気をつけてる雰囲気はあるけど、普通に泳いでいます。
 良い感じなのかなぁ。。

 それにしても、次が産まれないナー(^-^;)
 なんだかもっと、産まれたら数匹いっぺんに増えるのかとおもっていたのに。
 まるで、人間みたいですねえ。
 こんなペースだと、種が全然存続できなそうですが;

 人工飼育だからなのかな(..)

 ともあれ 今日もちびたは元気です。
 早く大人になって、どんなもようかみせておくれ~(*'ω')b
[PR]
2006年 09月 04日 |

 お子様が~~~~~




 産まれました。(^o^)♪

 よ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~く水槽を眺めていると、下の方に。。
 ぐっぴーって、卵で産まれるのではないんですね(..)ゞ
 しかもいっぱいじゃなくて、一匹だけ(笑)

 ♀らしい2匹は、おなかものっすごい大きいので、まだ詰まってるようなんだけど。。
 なかなか出てきません。
 早くちびちゃんいっぱいにならないかな~
 育つのがとてもたのしみです(*'ω')


 家族には
 最初うれしいけど、そのうちあきるよ などと、ひどいこといわれてますが。。w


 仲間にかじられないように。
 底の方で、水草のしげみにひそみつつ、たまに降ってくる餌の、ほんとに小さなかけらを、一生懸命ひろって食べてる姿が、けなげで(:_;)
 愛らしいなぁ、と。


 うちの水槽は、幅120奥行き30か40かな? 結構広いので、さけつつ隅っこにいれば、今のうちはあまり、食べられずにすむだろうという話。
 生き延びておくれよ~~~、、
 どんな模様になるのかも、たのしみだし(^o^)
[PR]
2006年 08月 04日 |

 あれから数日経ちました。
 やっぱり、10匹全部が生き延びるのは無理だったみたいで。
 きつい性格の子がいじめ倒したりで、のこり6匹になりました。♂4の♀2っぽい?

 最近その2匹がお腹おっきいかんじです。
 卵もってるのかなぁ。
 無事に孵っても、食べたりするから全部は育たないらしいのですが、増えるといいなぁ。

 だだっぴろい水槽だから、ちょこっとだとさみしい。
[PR]
2006年 07月 27日 |

 朝起きて水槽を覗いてみると、タイガーと呼ぶらしい黄色地に黒い点々のちらばったグッピーが、尻尾をぼろぼろにして、水面近くをふらふらしていました。

 なんじゃこりゃ!?


 他のグッピーは、みんな姿がきれいで、かたまって下の方を泳いでいます。
 尻尾がぼろぼろのグッピーだけ、ぽつんとひとりきり。。
 なんなんだ。。
 魚なのに、いじめ?;


 かつて、先代のアロワナを飼っていた頃、えさにとおもって入れた金魚8匹に、15センチ大のアロワナがかじられて、衰弱ししたことがありました。
 あのときは、金魚もめだかより一回り大きなサイズだったし、種類も違うし、なんてイロイロと考えてたんだけど。。

 今回は、同じ仲間なのに@@;;;

 日がな一日、暇が在れば水槽を覗いてたけど、特に変わった様子もない。。
 なんなのかなぁ。
 明らかにかじられたっぽくて、ふらふらしています。
 他の魚が張り切ってえさをたべるのに対して、その子だけ、目の前を流れていても、気が向いたらたべるぐらい。
 ううう、、、


 どうしたもんか、別の水槽に移した方が良いのか、悩んでいる間に仕事の時間が来て、とりあえずでかけました。

 そして帰ってきて、もう一度覗くと。
 なんと!

 半分ぐらいはあったはずの尻尾が、根っこまでかじりきられているーーーーーーー
 きゃあああああああああああああああああああああああ@@;;;;;;


 背びれも少しかじられてる様子で、ぼろぼろ、、
 腹びれも、、
 かろうじて胸びれだけが残っていて、それでふらふらしています。

 家族に、他の水槽にうつそうといったら、そっちはヒーターがはいってないので、水温が低すぎるカモシレナイ、と;
 このままほっといたら絶対かじられてしんじゃう;
 どうしたらいいのー;x;

 半泣きになって水槽にかじりついていたら、ブランクDVDのはいっていた入れ物に穴をあけて、かじられたグッピーを隔離してくれました。
 ちょっとかわいそうだけど、しかたないよね。。。。

 様子を見ていると、黄色い尻尾のグッピーが2匹。やたら元気です。
 家族も様子をみていたらしんですが、どうもその2匹が一番いけずらしい。
 いけずなやつを隔離したらいいんじゃないのか!ってかんじですが(´・ω・`);


 お店の水槽では、たくさんたくさん泳いでいたから。
 少しくらい弱虫でも、かじられずにすんでいたのかな。

 なんだかなぁ。。。
 ほんとに、1グラムあるかどうかの脳みそで、なんでいけずしようなんて、おもうの?
 弱肉強食なのかな。 えさはちゃんと、与えてるのに?

 どこの世界も、みんなが仲良くなんてむりなんかもしれませんが。。
 メダカとか、喧嘩しないよ、ねえ。。。
 なんだかショックだなぁ。


 もっとたくさんになって。
 一匹をいじめるような環境が、なくなればいいのに。


 痛々しい、しっぽのないぐっぴー。
 かじられた尻尾って、もうはえてこないのかな。。。
[PR]
PageTop
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Apple Pie Skin by Sun&Moon